×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の基礎知識



スワップ狙いの適切なレバレッジは?

スワップ狙いの適切なレバレッジは?

FXでは、レバレッジを高くするほどリターンを大きくすることができるのですが、問題は、失敗した時のリスクも高くなることです。

といっても、適切なレバレッジというのは、個々の投資家のリスク許容度にもよるのですが、一般的には、個人レベルで最も適切なレバレッジを考えると2〜3倍になると思われます。

2〜3倍では低いと考える方もいるかもしれませんが、実は2倍のレバレッジでも十分なリターンを得ることは可能です。

例えば、ニュージーランド・ドルのような高金利通貨に投資すれば、2倍のレバレッジでも10%以上のスワップポイントを得ることができるからです。

年10%以上の金利収入が得られる金融商品というのは、なかなかあるものではありません。

なお、2〜3倍程度のレバレッジであれば、円高でが進んだとしても、それほど大きなリスクを被ることはありませんが、金利狙いの長期投資なら、マージンコールがかからないようにしたいところです。

ポートフォリオとは?

ポートフォリオというのは、資産構成のことで、投資を行う際に、性格の異なる商品を運用することによって、リスクを回避しようというもののことをいいます。


スワップ狙いの適切なレバレッジは?
スワップポイント狙いの投資とは?
スワップ狙いの戦略の根拠は?
債券とは?
外貨で現金化するとは?

円換算とは?
長期投資とデイトレードとは?
金利上昇と金利下降の要因は?
想定内のリスクとは?
100倍のレバレッジとは?

人民元問題
アメリカの景気とカナダドルの関係

外国為替市場
スイスフランの値動きの特徴

物権的請求権
不動産投資インデックス
文化財保護法

金融機関が行う金融
不動産の表示
変動金利型住宅ローン
物件登録
不動産流通近代化センター
一団の土地
不動産仲介業
不陸

Copyright (C) 2011 外貨投資の基礎知識 All Rights Reserved