×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の基礎知識



想定内のリスクとは?

想定内のリスクとは?

レバレッジを高めれば高めるほど、投資効率はよくなります。

実際、FX会社のなかには100倍とか200倍までのレバレッジを認めているところもあります。

しかしながら、ここまでレバレッジを高くしてしまいますと、ちょっとしたマーケットの変動によって、簡単にマージンコールがかかったり、ストップロスになったりしてしまうなど、想定外のリスクを負うことにもなりかねません。

ちなみに、「想定内のリスク」というのは、自分で負うことのできる範囲内のリスクで投資するということです。

よって、FXのような、価格変動を伴う投資対象で運用する場合には、この辺りには十分な注意が必要になります。

そのためにも、過去の為替レートをしっかりチェックして、もし円高に進んだとしても、簡単にマージンコールやストップロスにかからない範囲内でのレバレッジで運用することが重要になります。

スリッページとは?

スリッページというのは、相場が非常に大きく変動している場合に、逆指値注文成立時に生じる、指定レートと実際に約定したレートとの差のことをいいます。


スワップ狙いの適切なレバレッジは?
スワップポイント狙いの投資とは?
スワップ狙いの戦略の根拠は?
債券とは?
外貨で現金化するとは?

円換算とは?
長期投資とデイトレードとは?
金利上昇と金利下降の要因は?
想定内のリスクとは?
100倍のレバレッジとは?

インカムゲイン・為替差損益
香港ドルの特徴

FXのレバレッジ
香港の歴史

不動産業者の教育研修
不動産の鑑定評価
権利の変更登記

不動産所得
フリープラン方式販売
法人税
不動産コンサルティング
フローリング
青色事業専従者
不動産の証券化
防火構造

Copyright (C) 2011 外貨投資の基礎知識 All Rights Reserved