×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の基礎知識



外国為替市場の実需筋と投機筋の割合は?

外国為替市場の実需筋と投機筋の割合は?

外国為替市場における実需筋と投機筋の割合は、2対8と言われていて、投機筋の比率が圧倒的に高くなっています。

為替レートが短期的に大きく変動するのは、このような投機筋が頻繁に通貨の売買を繰り返しているからといえます。

投機筋の投資行動は?

外国為替市場への投機筋と呼ばれる参加者は、目先のニュースで投資行動を起こします。

よって、投機筋がどのようなニュースに注目するのかを把握しておくことが大切です。

具体的には、次のようなものが投機筋の注目点になります。

■欧州や日本の通貨政策
■金利差
■紛争などの突発的事件
■インフレ動向...など

最終的に為替レートは、2国間の国力の差が決め手になるのですが、それはあくまでも長期的な話で、短期的な為替レートは、このような目先のニュースに左右されることになります。


外国為替市場の参加者は?
国力と市場参加者
コールセンター注文とは?
リアルタイム取引とは?
為替手数料とは?

外国為替市場の実需筋と投機筋の割合は?
インターネット取引とは?
通貨ペアとは?
2Wayプライスとは?
指値注文と成行注文とは?


金利差とキャピタルゲイン
指値注文

為替ブローカー、為替リスク、基軸通貨
相関の高い通貨ペア
住宅ローン控除 敷地 固定資産税 財形融資
固定資産税 地震保険 親子リレー返済 フラット35
自治体融資 不動産広告 売却損  

Copyright (C) 2011 外貨投資の基礎知識 All Rights Reserved