×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の基礎知識



為替手数料とは?

為替手数料とは?

為替手数料というのは、通貨を売買することに対してかかるコストのことをいいます。

例えば、外貨預金の場合でしたら、預け入れる際には、円を外貨に交換し、満期がきたら外貨を円に交換するというような為替取引が行われます。

その際の、「円から外貨」、「外貨から円」の取引に対して、双方に為替手数料が取られます。これは、他の外貨建て金融商品でも同様です。

しかしながら、為替手数料の額については、取扱い金融機関や金融商品の種類によって異なります。

基本的に外貨預金の場合には、米ドル建てで外貨の売り買い双方の合計で1ドルにつき2円、外国債券の場合は1円といったところです。

当然ですが、為替手数料は投資家にとっては純粋なコストになりますから、低ければ低いほど有利になります。

FXの場合は?

FXの場合には、他の外貨建て金融商品と比較して、この為替手数料が格安ですので、短期売買も含めて有利な外貨投資を行うことができます。


外国為替市場の参加者は?
国力と市場参加者
コールセンター注文とは?
リアルタイム取引とは?
為替手数料とは?

外国為替市場の実需筋と投機筋の割合は?
インターネット取引とは?
通貨ペアとは?
2Wayプライスとは?
指値注文と成行注文とは?


トレンドとトレールストップ
米ドル/円を動かす要因

ボラティリティ、約定、リクイディティ
OCO注文
住宅ローン控除 共有住宅 税金 財形住宅融資
借り換えローン 団体信用生命保険 フラット35 フラット35S
住宅ローン 不動産契約 資産担保証券  

Copyright (C) 2011 外貨投資の基礎知識 All Rights Reserved