×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の基礎知識



FXのセーフティネットは?

FXのセーフティネットは?

セーフティネットというのは、投資家の資産を守るための措置のことをいいます。

FXのセーフティネットといった場合には、マージンコールやロスカットがこれに該当します。

相場の動向次第では、損失を被る恐れがありますが、その損失額が一定額以上に達すると、マージンコールによって証拠金の担保不足が通知されたり、ロスカットによって取引そのものが強制的に清算されたりします。

FXにはこのようなセーフティネットがあるおかげで、リスクの高い取引でも、損失額が大きく膨らまないようになっています。

最低証拠金額とは?

最低証拠金額というのは、FXを始める際に、投資家がFX会社に預託する証拠金の最低金額のことをいいます。

ただし、この最低証拠金額は、FX会社によってもまちまちです。

ちなみに、最低証拠金額が少額であるにもかかわらず、取引できる金額が大きくなるほど、レバレッジが高いということになります。

一般的には、最低証拠金額が10万円で、それに対して最大で取引できる金額は1万通貨単位というところが多いです。


投資効率とレバレッジ
FXのセーフティネットは?
ポートフォリオとは?
通貨の分散効果を高める通貨ペアとは?
スワップポイントの魅力は?

レバレッジ効果のリスクは?
リスクコントロールとは?
FXにおける通貨の組み合わせは?
ユーロの傾向は?
高金利通貨とは?

ポンドの特徴
ユーロという通貨の特徴

FXの市場規模
英ポンド相場の変動要因

特定約束手形
土地利用基本計画
二重譲渡

都市計画区域
トラス
任意後見契約
都市再開発方針
取引事例(成約事例)
遺言
都市再生緊急整備地域
仲立契約

Copyright (C) 2011 外貨投資の基礎知識 All Rights Reserved