×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の基礎知識



リスクコントロールとは?

リスクコントロールとは?

FXは、商品面の魅力なども含めて総合的に判断すると、非常にリーズナブルな金額で取引を始められますので、個人投資家にとっては、メリットの高い投資手段といえます。

しかしながら、レバレッジの逆効果については十分な注意が必要です。

10万円の証拠金で100万円相当の外貨を買っているとしたら、それはあくまでも100万円の外貨投資に相当するリスクを抱え込んでいるのと同じことだからです。

また、証拠金として預けた10万円を元手と考えるのか、それとも実際に買い建てている100万円相当の外貨を元本と見るのかによって、リスク管理は大きく変わってきます。

基本的には、実際に買い建てている外貨を元本と見立てて、自分自身のポートフォリオを考えた方が、予想外のリスクに見舞われることもないので無難です。

つまり、あくまでも実際に取引している金額を元本と考えることが重要です。

証拠金はどれくらい預けた方いい?

証拠金は余裕を持って預けた方がいいです。

というのは、預けている証拠金に対してギリギリのレバレッジで運用すると、ちょっとした相場の変動で、取引が強制的に清算されてしまう恐れがあるからです。


投資効率とレバレッジ
FXのセーフティネットは?
ポートフォリオとは?
通貨の分散効果を高める通貨ペアとは?
スワップポイントの魅力は?

レバレッジ効果のリスクは?
リスクコントロールとは?
FXにおける通貨の組み合わせは?
ユーロの傾向は?
高金利通貨とは?

ポンドの値動き
英ポンド(イギリスポンド)の特徴

外国為替とFX
カナダの主要産業・貿易

特定用途制限地域
土地利用基本計画
二世帯住宅

都市計画事業
取消し
根抵当
都市再開発方針
取引事例・成約事例
遺産分割
都市再生事業
民法上の仲立

Copyright (C) 2011 外貨投資の基礎知識 All Rights Reserved