×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の基礎知識



ユーロの傾向は?

ユーロの傾向は?

ユーロというのは、欧州通貨統合により発足した共通の通貨のことで、次の全15か国の通貨を統合することによって、誕生しました。

■フランス
■イタリア
■ドイツ
■オランダ
■ベルギー
■オーストリア
■アイルランド
■フィンランド
■ポルトガル
■ギリシャ
■スロベニア
■ルクセンブルク
■スペイン
■マルタキプロス

ユーロが流通している経済圏の規模は、GDPや人口などで米国に肩を並べており、ユーロを第2の基軸通貨をみなす傾向が強くなっています。

しかし、複数の国の金融政策や通貨政策を、1つの中央銀行(欧州中央銀行)が扱うことは、国の経済情勢などに応じたきめの細かい政策対応が困難であり、そこにユーロの矛盾点を指摘する意見も多くあります。

よって、ユーロが第2の基軸通貨になれるのかどうかが決まるのには、かなり長い時間がかかると思われます。


投資効率とレバレッジ
FXのセーフティネットは?
ポートフォリオとは?
通貨の分散効果を高める通貨ペアとは?
スワップポイントの魅力は?

レバレッジ効果のリスクは?
リスクコントロールとは?
FXにおける通貨の組み合わせは?
ユーロの傾向は?
高金利通貨とは?

NZDの買い材料・懸念材料
ニュージーランドドル(NZドル)の特徴

為替レートが変動
スイスの主要貿易品目

土壌汚染対策法
都市計画審議会
任意法規と強行法規

都市計画法
二重価格表示
農地
土地信託の分譲事業
取引保証
遺贈
都市再生本部
2項道路

Copyright (C) 2011 外貨投資の基礎知識 All Rights Reserved