×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の基礎知識



外国為替証拠金取引とは?

外国為替証拠金取引とは?

証拠金取引というのは、個人投資家が取引会社に預けるお金(証拠金)で行う取引のことをいいます。

例えば、Xさんが100万円をY取引会社に預けるとします。

通常であれば、Xさんは100万円までの取引しか行うことができませんので、1ドル=100円であれば、1万ドルまでの取引しか行えないということになります。

しかしながら、証拠金取引では、100万円を預けることによって、100万円以上の取引が可能になるのです。

つまり、100万円を預けることによって、1ドル=100円のときに預けたお金の2倍の2万ドルの取引もできるということです。

これを外国為替証拠金取引では、レバレッジと呼んでいます。

外国為替証拠金取引が、少額からでも行えるといわれるのは、この証拠金取引であることが理由です。

一方、外国為替証拠金取引はハイリスク・ハイリターンであるといわれるのも、この証拠金取引がその理由となっています。

ただし、ここで間違えないでほしいのは、100万円預けて100万円までの取引しか行わないのであれば、それは何らリスクの高い取引ではないということです。

基本的には、初心者の人は、預けたお金と同じ価値の投資金額で投資をするのがよいと思われます。


外国為替とは?
外国為替証拠金取引の利益とは?
レバレッジ取引とは?
為替売買益で儲けるとは?
資産形成期のFXとは?

外国為替証拠金取引とは?
スワップ金利とは?
キャピタルゲインとインカムゲイン
スワップ金利で儲けるとは?
資産運用期のFXとは?


預金保険制度
外国為替証拠金取引

チャートとローソク足
FX
床面積 転居 住宅ローン控除 財形住宅融資
確定申告 火災保険 住宅金融支援機構 フラット35
金利 親子リレーローン 3,000万円特別控除  

Copyright (C) 2011 外貨投資の基礎知識 All Rights Reserved