×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の基礎知識



FX会社が破綻したら?

外貨預金で金融機関が破綻したら?

外貨預金の場合は、取扱い銀行が破綻すると、預けていた預金が戻ってこない恐れがあります。

というのは、外貨預金は預金保険の対象外となっているからです。

ちなみに、外国債券の場合も、発行している企業などが破綻してしまうと、ただの紙切れになる恐れがあります。

FXの場合は?

通貨の場合は、よほどのことがなければ、お金の価値そのものがゼロになることはありません。

しかしながら、FXの場合には、それを取り扱っているFX会社の信用リスクがあります。

このようなリスクに対応するため、FX会社の中には、顧客から預った証拠金を信託口座に預けることにより保全するところがあります。

FX会社を選択する際には、できれば信託方式によって顧客資産の保護を図っている会社を選ぶようにしたいところです。


アラート機能とは?
FX会社が破綻したら?
信託管理人とは?
受渡(うけわたし)とは?
FXの人気の理由は?

大台とは?
信託保全と分別管理
外貨預金口座とは?
外貨建て金融商品とは?
FX・外貨預金・外国債券の比較


投資ルール
カナダドルに影響を与える指標

強制決済を避ける
為替を動かす経済指標

変動金利型ローン
相続時精算課税制度
沈みへの対策

収入証明書
軸組み
固定金利型
住宅新築
自己借地権
あんこ
親想い
自然公園法

Copyright (C) 2011 外貨投資の基礎知識 All Rights Reserved