×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の基礎知識



信託保全と分別管理

信託保全とは?

信託保全というのは、顧客から預った証拠金を銀行の信託口座に預け、信託管理人制度のもとに、その銀行の資産とは分別して管理する方法です。

この信託保全を用いて入れば、たとえ利用しているFX会社が破綻したとしても、顧客資産の安全性が確保されます。

具体的には、信託管理人の手によって、顧客に証拠金が返還される形になります。

分別管理とは?

FX会社の中には、分別管理を標榜していても、信託口座を利用しないで、あくまでも自社の資産と分別して顧客資産を保全しているだけというところもあります。

このような場合ですと、いくら表向きは分別管理をうたっていても、実際には自社の資産と分別していないので、仮にそのFX会社が破綻した場合には、顧客資産が十分に保全されないケースもあります。

よって、分別管理をしているという場合でも、きちんと信託口座を使った分別管理であることを確認することが必須です。


アラート機能とは?
FX会社が破綻したら?
信託管理人とは?
受渡(うけわたし)とは?
FXの人気の理由は?

大台とは?
信託保全と分別管理
外貨預金口座とは?
外貨建て金融商品とは?
FX・外貨預金・外国債券の比較


短期投資家
米雇用統計

レバレッジと資金管理
貿易収支

民間ローン
相続時精算課税制度
事前着工

共有名義
自己契約
返済期間の設定
中古マンション
借地借家法
あんどん部屋
リフォームローン
事前相談体制

Copyright (C) 2011 外貨投資の基礎知識 All Rights Reserved