×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の基礎知識



信託管理人とは?

信託管理人とは?

信託管理人というのは、顧客の信託財産を管理する人のことを言います。

一般的には、弁護士や公認会計士がその任にあたります。

金融機関が破綻した場合の流れは?

金融機関などを通じて信託口に資産を預けていた場合、その金融機関が破綻した場合には、信託管理人を通じて、顧客の建て玉などが精算された上で、顧客の手元に資産が返還されることになります。

信託口座はどこに設けられるのですか?

基本的に信託口座というのは、信託業務を行う銀行に設けられます。

ただし、そこに預託された資産は、銀行の資産とは分けて管理されていますので、その銀行が破綻したとしても、信託口の資産は保全されることになります。

預金保険とは?

日本国内に本店を持つ銀行が破綻した場合、円建ての預金については、預金保険機構が元本1,000万円とその利息を上限に、預金保険を通じて担保してくれます。

ただし、それを超える額の預金や外貨預金などについては、預金保険の対象外になりますので、最悪の場合には、元本が戻ってこない恐れがあります。


アラート機能とは?
FX会社が破綻したら?
信託管理人とは?
受渡(うけわたし)とは?
FXの人気の理由は?

大台とは?
信託保全と分別管理
外貨預金口座とは?
外貨建て金融商品とは?
FX・外貨預金・外国債券の比較


投資判断
経済指標と為替レートへの影響

指値・逆指値注文
雇用統計

固定金利選択型
3,000万円特別控除
住宅性能保証制度

不動産広告
資産担保金融
元利均等返済
中古一戸建て
資産流動化計画
EC(イー・シー)
リフォームローン
質権

Copyright (C) 2011 外貨投資の基礎知識 All Rights Reserved