×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の基礎知識



資産維持期のFXとは?

資産維持期のFXとは?

資産維持期には、FXによって外貨を保有することで、仮に日本の円が大幅に下落(超円安)しても、資産を失うリスクを避けることができます。

現金であれ預金、株式であれ、円通貨の資産は円があってこそのものです。

つまり、日本国家の信用があってこその資産といえるのです。

現在、日本の国家財政というのは、先進国の中では最も深刻な状況で、その解決策は、預金封鎖かデノミか、などと一部ではささやかれているのです。

もちろん、それが現実のものとなるか否かは誰にもわかりません。

しかしながら、FXで外貨建て資産を保有していれば、そうしたリスク、つまり円の価値が急落するというリスクについては回避することが可能になるのです。

ただし、これについては、円高とか円安とかいったレベルの利益を求める投資方法ではありませんので誤解のないようにしてください。

どちらかといえば、リスクヘッジとして資産の一部を他の通貨に分散させるという方法になります。


資産維持期のFXとは?
インターバンク市場と対顧客市場
相対取引とは?
なぜ為替は変動するの?
FXと株式投資の違いは?

外国為替市場とは?
外国為替市場の規模は?
円高と円安の違いは?
機関投資家と実需
FXの値動きは?


外貨建金融商品
経済指標

スワップ金利
スワップ狙い
入居 住宅ローン控除 増築・改築 財形貯蓄
登録免許税 火災保険 フラット35 住宅金融公庫
住宅ローン 住宅ローン 不動産取得税  

Copyright (C) 2011 外貨投資の基礎知識 All Rights Reserved