×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の基礎知識



FXと株式投資の違いは?

FXと株式投資の違いは?

FXと株式投資の違いとしては、次のようことをあげることができます。

少額投資での取引が可能
FXの場合は、投資資金として10万円程度あれば主要通貨すべての取引が可能です。

現在の主要通貨としては、円、ドル、ユーロ、英ポンド、カナダ・ドル、オーストラリア・ドル、ニュージーランド・ドル、スイス・フランなどです。

これに対して、株の場合は投資資金が10万円程度では銘柄が限られてしまいます。また、投資対象や銘柄といった点でも、違いがあります。

FXの場合には、通貨は数十ですから選択にあまり悩むことはないと考えられますが、株式の場合には、数千もの銘柄があるのでその選択も大変なものです。

さらに、FXにはスワップ金利という金利収入を毎日受け取ることができますが、株式投資には配当というものがあっても、配当時期は半期または1年に1度という点で違いがあります。

24時間取引が可能
FXは24時間取引が可能ですが、株の場合には、取引時間が9時から15時までと限られている点で異なります。

サラリーマン投資家の場合、株であれば、本業中に取引をすることになりますが、FXであれば、帰宅後に集中して取引が可能です。

しかも、FXで最もレートが動く時間帯は、日本時間の夕方以降ですので、まさにサラリーマンのための投資商品といっても過言ではありません。

値動き
FXは株に比べて値動きが小さいです。

なので、基本的には、FXは株と比較するとローリスク・ローリターンの商品といえます。


資産維持期のFXとは?
インターバンク市場と対顧客市場
相対取引とは?
なぜ為替は変動するの?
FXと株式投資の違いは?

外国為替市場とは?
外国為替市場の規模は?
円高と円安の違いは?
機関投資家と実需
FXの値動きは?


為替相場
FXでの2つの利益

月曜日早朝の注文は危険
損切りのルール
転勤 住宅ローン控除 税源移譲 事業主転貸
消費税 火災保険 フラット35 フラット35
金利優遇 買換え 転勤  

Copyright (C) 2011 外貨投資の基礎知識 All Rights Reserved