×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の基礎知識



外国為替市場の規模は?

外国為替市場の規模は?

外国為替市場というのは、1日およそ1兆5千億ドル(150兆円)もの取引が行われる、世界最大の金融市場です。

この規模により、インサイダー情報の影響を受けにくいと言われています。

株式投資の場合、インサイダー情報は違法ですが、インサイダー情報がないとも言い切れないのが現実です。

しかしながら、FXでは市場規模が大きいので、インサイダー情報によって一部の人が不当な利益を得る可能性は、株式市場よりも低いといわれています。

これは、動かせる資金の小さい個人投資家にとっては、情報面での不利な状況が発生しにくいというメリットとなります。

FXの取引時間は?

FXは、24時間取引可能です。

これは、市場規模が大きく、相対取引であることから実現されていることです。

具体的には、日本時間の早朝、オセアニアを中心に取引が始まり、アジア、ヨーロッパ、ニューヨークと取引の中心となる市場を移しながら、24時間取引が行われています。

一般的には、ヨーロッパ市場が最も取引量が多く、為替レートも一番動くと言われています。

FXは日本のサラリーマンのための投資商品であると言われることもありますが、これは、24時間取引可能であることや、日本時間の夕方以降に市場が最も活発に動くことところにもあるようです。


資産維持期のFXとは?
インターバンク市場と対顧客市場
相対取引とは?
なぜ為替は変動するの?
FXと株式投資の違いは?

外国為替市場とは?
外国為替市場の規模は?
円高と円安の違いは?
機関投資家と実需
FXの値動きは?


付保預金と付保対象外預金
外貨建てMMF

FXのレバレッジ
2WAYプライス
住宅ローン控除 3,000万円 定期借地権付住宅 公庫財形融資
不動産取得税 住宅火災保険 民間住宅ローン フラット35
住宅ローン 保証料 印紙税  

Copyright (C) 2011 外貨投資の基礎知識 All Rights Reserved