×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の基礎知識



FXと外貨預金の取引レートは?

FXと外貨預金の取引レートは?

手数料と同様に、FXは取引レートでも外貨預金よりも有利になっています。

これは、日本の銀行が朝10時頃に決まる仲値というレートから、1ドルにつき1円ほど利益を上乗せしてドルを個人に売っているからです。

この対顧客売買レートというのは、専門用語でTTBやTTSと呼ばれています。

外貨預金も同様で、交換レートで1円上乗せされます。

なので、手数料とあわせると片道合計2円もコストが発生しているということがいえます。1万ドルなら2万円、往復4万円ものコストがかかります。

これに対して、FXの場合は、スプレッドという手数料はあるものの、レートについてはインターバンク市場で取引されているインターバンクレートです。

しかも、多くのFX取引業者の手数料は往復でも20銭以下ですから、FXは外貨預金と比較して、1ドルにつき3円以上も有利な取引ができるといえます。

その他、FXが外貨預金よりも有利な点は?

その他、FXが外貨預金よりも有利な点としては、次のようなものがあげられます。

■スワップ金利が外貨預金の利息よりも高いこと
■取引が24時間いつでもできること...など


外貨預金と外貨建てMMF
FXと外貨預金の取引レートは?
FXのコストは?
FXの税金は?
安全なレバレッジは?

外貨預金とFXの手数料は?
仲値・TTB・TTS
スプレッドとは?
レバレッジの管理とは?
強制ロスカットと追加証拠金


購買力
スワップポイントの支払い

FXの税金
低レバレッジで長期保有
都市再生機構 社内融資 税金の特例 財形住宅融資
登録免許税 特約火災保険 フラット35 フラット35
提携ローン マンション 二世帯住宅  

Copyright (C) 2011 外貨投資の基礎知識 All Rights Reserved