×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の基礎知識



スプレッドとは?

スプレッドとは?

スプレッドというのは、買値と売値の差のことをいいます。

FXで実際に取引するときには、画面に売値と買値が表示されますが、このときの売値をBid(ビッド)、買値をAsk(アスク)と呼びます。

例えば、ドル円で「売値111.05−買値111.08」などのように表示されている場合には、これは「今ドルを買うなら111.05円で買えます。ドルを売るなら111.08円で売れます」ということを意味しています。

この場合、仮にドルを買ってすぐに売った場合には、0.03円の損失が生じますが、この差をスプレッドというのです。

外国為替市場では、常にレートは変動しているのですが、銀行などはその市場の動向にあわせてスプレッドを決めています。

スプレッドはどのくらい?

スプレッドについては、手数料と同様に取引業者によって異なります。

通貨ペアによっても異なりますが、一般的には、ドル円で0.03〜0.05円程度のスプレッドが発生します。

FXで利益を出すには?

FXでは、手数料とスプレッドの合計が、取引に関わるコストになりますので、基本的にFXで利益を出すには、この手数料とスプレッドの合計よりも多くの含み益が出たときに決済すればよいということになります。


外貨預金と外貨建てMMF
FXと外貨預金の取引レートは?
FXのコストは?
FXの税金は?
安全なレバレッジは?

外貨預金とFXの手数料は?
仲値・TTB・TTS
スプレッドとは?
レバレッジの管理とは?
強制ロスカットと追加証拠金


ディーラー
マージンコール

リスク分散
複数通貨ペアに分散投資
住宅ローン控除 住宅ローン控除 固定資産税 財形住宅融資
登録免許税 地方自治体の融資 新築住宅購入 フラット35
住宅ローン マンション購入 共有名義  

Copyright (C) 2011 外貨投資の基礎知識 All Rights Reserved