×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の基礎知識



強制ロスカットと追加証拠金

強制ロスカットとは?

強制ロスカットというのは、評価損が発生して、証拠金維持率が一定レベルを下回った場合に、強制的に反対売買をすることによって保有している通貨を決済し、損失を確定させることをいいます。

一般的には、時価評価を行った時点での必要証拠金の維持率が25%を下回った場合に行われます。

ちなみに、強制ロスカットによって精算された場合には、残金は手元に残ります。

追加証拠金とは?

追加証拠金というのは、取引を継続するためにする担保補強のことで、証拠金を追加で預託しなければならないことをいいます。

一般的には、時価評価を行った時点での必要証拠金の維持率が25%を下回った場合に行われます。

FX取引業者選びが重要なのは?

FXでは、取引業者選びはとても重要です。

FXは1998年にはじめて個人に解禁された取引ですが、当初は法整備が整っていませんでした。

そのような中で取引業者は1,000社を超えるほど急増し、中には法の不備を狙った悪徳取引業者も過去に存在していました。

それにより、FXは悪徳業者の多い危険な取引だというイメージがついてしまったのです。

現在では法整備も進み、悪徳業者も大分淘汰されてきていますが、それでもまだまったくいなくなったとは言い切れないのが現状です。

これが、FXでは取引業者選びが重要であるといわれる1つの理由です。


外貨預金と外貨建てMMF
FXと外貨預金の取引レートは?
FXのコストは?
FXの税金は?
安全なレバレッジは?

外貨預金とFXの手数料は?
仲値・TTB・TTS
スプレッドとは?
レバレッジの管理とは?
強制ロスカットと追加証拠金


為替レートの変動
FXのレバレッジ取引

オプション、OCO
豪ドルとNZドルの相関係数
無利息の借入金 敷地の面積 住宅資金の贈与 財形住宅融資
固定資産税 ろうきん フラット35 フラット35
住宅ローン 中古マンション 買換え特例  

Copyright (C) 2011 外貨投資の基礎知識 All Rights Reserved