×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の基礎知識



レバレッジの管理とは?

レバレッジの管理とは?

FXというのは、株に比べて値動きは小さいですし、取引対象通貨が0になることも10倍になることもないですので、本来はローリスク・ローリターンの商品です。

なので、手持ちの資金の範囲内で取引している分には、元手をすべて失うというようなリスクはほとんどありません。

しかしながら、レバレッジを利用する場合には、少々事情が変わってきます。

というのも、このレバレッジは、通常多くの取引業者では10倍程度まで可能ですが、取引業者の中には、元手の400倍の金額を運用することができるところもあるからです。

400倍ということは、100万円を元手に4億円相当の取引が可能ということです。

もちろん、うまくいけば多大な利益を得ることができますが、もし失敗すれば一瞬で元手を失うリスクがあります。

一般的には、証拠金の25%まで含み損が膨らんだ場合には、取引業者による強制ロスカットが行われたり、追加証拠金が必要になります。

どちらが行われるかは業者によって異なります。


外貨預金と外貨建てMMF
FXと外貨預金の取引レートは?
FXのコストは?
FXの税金は?
安全なレバレッジは?

外貨預金とFXの手数料は?
仲値・TTB・TTS
スプレッドとは?
レバレッジの管理とは?
強制ロスカットと追加証拠金


FXの取引の中心地
FXの取引時間

相対取引、維持証拠金、IFD
分散投資と相関係数
住宅ローン控除 年末残高等証明書 相続時精算課税 財形住宅融資
不動産取得税 JAの住宅融資 中古住宅購入 フラット35
住宅ローン マンション  

Copyright (C) 2011 外貨投資の基礎知識 All Rights Reserved