×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の基礎知識



安全なレバレッジは?

安全なレバレッジは?

取引業者による強制ロスカットが行われたり、追加証拠金が必要になるような状況に陥らないためにも、投資を始める前に自分の希望する利回りを決めて、それに見合ったレバレッジで取引することが大切です。

一般的には、レバレッジは3〜5倍以下で取引するのが目安となります。

例えば、1ドル=100円の場合は、100万円を元手に、レバレッジ1倍なら1万ドル、3倍なら3万ドル、5倍なら5万ドルということになります。

レバレッジ1倍の場合は、まず強制ロスカットや追加保証金が必要になることはないでしょう。

しかしながら、レバレッジ5倍の場合には、14円程度不利な状況になるとリスクが高まります。

一番高いところで買って、一番安いところで売るというような最悪の取引をした場合には、強制ロスカットや追加保証金が必要になる可能性があります。

そこまで最悪の取引はしないにしても、FXに慣れるまでは、レバレッジは5倍以下に抑えて取引するのが無難です。


外貨預金と外貨建てMMF
FXと外貨預金の取引レートは?
FXのコストは?
FXの税金は?
安全なレバレッジは?

外貨預金とFXの手数料は?
仲値・TTB・TTS
スプレッドとは?
レバレッジの管理とは?
強制ロスカットと追加証拠金


経済指標と要人発言
FXのデイトレード

受け渡し、追証
スワップポイントと為替差損
住宅ローン控除 定期借地権 相続精算時課税制度 財形住宅融
不動産取得税 担保の提供 フラット35パッケージ フラット35パッケージ
金利優遇 マンション 買換え特例  

Copyright (C) 2011 外貨投資の基礎知識 All Rights Reserved