×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の基礎知識



IFD注文とは?

IFD注文とは?

IFD注文というのは、正式にはIF DONE注文といいます。

IFD注文の注文方法は、新規の注文と仕切り注文を同時に出すというもので、利益確定のIFD注文と、損失限定のIFD注文があります。

利益確定のIFD注文とは?

例えば、現在の為替レートが1ドル=100円だとします。

もう少しドルが安くなったところで買いたいということで、1ドル=99円で米ドルの買い指値注文を出すとします。

このとき、将来的には1ドル=105円になるという見通しであれば、IFD注文によって、1ドル=99円の新規買い注文と、1ドル=105円の売り注文を同時に出すことができます。

損失限定のIFD注文とは?

損失限定のIFD注文というのは、将来的にドルはもっと高くなると思っても、状況によっては安くなるリスクもあるという場合の注文方法です。

例えば、1ドル=100円以上になった場合に、ドルの買い注文(逆指値)を出すのと同時に、ドル安による損失発生に備えて、1ドル=99円でも損失限定のドル売り注文を出しておきます。


逆指値注文とは?
IFD注文とは?
新規注文と決済注文
マージンコールとロスカットは?
片道とトレーディング

ストップロスとは?
OCO注文とは?
チャートとロイター
FXの取引コストは?
短期売買とポイント


OCO注文
ユーロを動かす要因

レバレッジと追加証拠金
トレーリングストップ
連帯債務 住宅ローン控除 課税標準額 段階金利
失業時あんしん保険 団体信用生命保険 一部繰り上げ返済 印紙税
都市計画税 瑕疵担保責任 アップリート  

Copyright (C) 2011 外貨投資の基礎知識 All Rights Reserved