×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の基礎知識



FXの取引コストは?

外貨預金・外貨MMFの取引コストは?

外貨預金であれ外国債券であれ、外貨取引を行う際には、所定の為替手数料がかかります。

例えば、外貨預金の場合ですと、米ドルでは1ドルにつき片道1円、外貨の買いと売りの往復では2円が取られます。

また、外貨MMFの場合では、片道50銭、往復で1円というのが多いです。

FXの取引コストは?

FXの場合は、外貨預金や外貨MMFと比べると、為替手数料は格安です。比較的高めの手数料を取るところでも、片道10銭、往復20銭というのが普通です。

このように為替手数料が安いので、FXの場合には、比較的小さな値動きでも利益を上げられるというメリットがあります。

例えば、外貨預金に1ドル=100円で預けた場合、利息などを考慮しなければ、1ドル=102円まで円安ドル高が進まないと為替差益は得られないことになります。

これは、1ドル=101円で為替差益が出ていても、為替手数料が往復2円ですので、実質的には元本割れになってしまうからです。

しかしながら、FXであれば、例えば、1ドル=100円でドルを買ったとしても、1ドル=101円10銭まで円安ドル高が進めば、そこから先は為替差益になります。

よって、短期の取引で利益を上げようとする場合には、FXの為替手数料の安さは、強力な武器になるといえます。

ただし、FXの場合には、スプレッドには注意が必要です。

スプレッドとは?

スプレッドというのは、為替の売値と買値の差額のことです。

2Wayプライス表示されているビッドとオファーの値を見れば、スプレッドがいくらなのかはわかりますので、為替手数料と合わせて、コストの割安なFX会社を利用するようにしましょう。


逆指値注文とは?
IFD注文とは?
新規注文と決済注文
マージンコールとロスカットは?
片道とトレーディング

ストップロスとは?
OCO注文とは?
チャートとロイター
FXの取引コストは?
短期売買とポイント


PRC(プリンシパル)系
豪ドルの特徴

FXと株との違い
為替相場の動く要因
住宅ローン控除 譲渡損失 相続時精算課税 固定金利期間選択型
買い換え 団信 借り換え 不動産取得税
売却 競売物件 雨漏り  

Copyright (C) 2011 外貨投資の基礎知識 All Rights Reserved