×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の基礎知識



OCO注文とは?

OCO注文とは?

OCO注文というのは、2つの注文を同時に出して、一方が約定された場合には、もう一方はキャンセルになるという注文方法のことをいいます。

例えば、1ドル=100円でドルの買いポジションを持っているとします。

現在のレートは1ドル=102円です。このとき2円の利益が出ている状態です。

もう少しドルは上昇すると予測しているものの、ドルが下落した時に備えて、ある程度の利益は確保しておきたいと思います。

OCO注文は、このようなときに使うと便利です。

例えば、1ドル=105円の売り指値注文と、1ドル=101円の売り指値注文を同時に出します。

こうすると、ドル高が進めば105円で売れますので、5円(105円−100円)の利益を得ることができますし、反対にもしドル安に進んだとしても、101円で売れますので、1円(102円−101円)の利益を得ることができます。

なお、OCO注文は、深夜寝ている時間帯の相場急変などにも対応できる、便利な注文方法です。


逆指値注文とは?
IFD注文とは?
新規注文と決済注文
マージンコールとロスカットは?
片道とトレーディング

ストップロスとは?
OCO注文とは?
チャートとロイター
FXの取引コストは?
短期売買とポイント


電話注文
ユーロの特徴

追加証拠金
サブプライムショック
連帯債務 住宅ローン控除 相続時精算課税制度 ボーナス払い
失業時あんしん保険 団信 一部繰り上げ返済 登録免許税
お尋ね 重要事項説明書 アドオン  

Copyright (C) 2011 外貨投資の基礎知識 All Rights Reserved