×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の基礎知識



外貨預金とFXの相違

外貨預金とFXの相違

FXというのは、あくまでも通貨を売買するための金融商品という点において、他の外貨建て金融商品とは大きく異なります。

例えば、外貨預金というのは、外貨建ての預金ですし、外貨建て外債というのは、外貨建ての債券になります。

これらは、確かに外貨建てなので為替レートの変動によって損益は大きく変動しますが、あくまでも預金であり、債券なのです。

外貨預金で銀行が破綻したら?

外貨預金を利用している銀行が破綻したらどうなるのでしょうか?

実は、外貨預金というのは、預金保険の対象外となっていますので、その銀行が破綻した場合には、円建て預金とは異なり、元本が戻ってこなくなる可能性があるのです。

ちなみに、債券も同様です。

債券の場合は、それを発行している企業や政府が財政破綻に陥ると、ただの紙切れになってしまうリスクを抱えることになります。


外貨定期預金の利息とFXのスワップポイント
外貨預金とFXの相違
信用リスクとは?
外貨建て金融商品の投資対象リスクは?
短期売買と長期投資

日割りとは?
通貨の信用リスクとは?
外貨建て金融商品の業者破綻リスクは?
FXの自由度は?
投資スタンスとは?

テクニカル分析の種類
FX会社選びのポイント

スワップの再投資
豪ドルは資源国通貨

建物面積
注視区域
不動産以外の抵当

担保物権
土塗壁同等構造
TES(テス)
地区計画
帳簿の備付け
青田売り
地耐力
潰れ地

Copyright (C) 2011 外貨投資の基礎知識 All Rights Reserved