×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外貨投資の基礎知識



短期売買と長期投資

短期売買と長期投資

FXは自由度が高いので、自分の投資スタンスに応じて、運用期間を好きに決めることができます。

しかしながら、そのためには、自分自身がどういった目的で外貨投資をしようとしているのかというスタンスを決める必要があります。

というのは、短期売買と長期投資とでは、取引手法が大きく異なるからです。

よって、どのような投資をするにしても、自分の投資スタイルを確立することが重要です。

短期売買の取引手法とは?

短期売買をする場合には、自分のシナリオと異なる動きになった時には、素早く損切りをして、損失をできる限り最小限に抑える工夫が必要になります。

長期投資の取引手法とは?

長期投資をする場合には、必要以上にリスクを取らないように心掛けるとともに、できるだけ長期間、スワップポイントを確保できるような取引手法を考える必要があります。

スワップ金利とは?

スワップ金利というのは、金利が異なる2つの通貨を売買することによって発生する金利差のことをいいます。

スワップ金利は、「スワップポイント」とも呼ばれます。


外貨定期預金の利息とFXのスワップポイント
外貨預金とFXの相違
信用リスクとは?
外貨建て金融商品の投資対象リスクは?
短期売買と長期投資

日割りとは?
通貨の信用リスクとは?
外貨建て金融商品の業者破綻リスクは?
FXの自由度は?
投資スタンスとは?

通貨の略称
確定申告は雑所得20万円超

通貨分散のリスク
NZドルのリスク

地役権
賃貸借
手付金等の保全措置

増減額請求手続き
定期建物賃貸借
不動産パンフレット
仲介の法的性格
追認
入母屋屋根
虫害
適合性の原則

Copyright (C) 2011 外貨投資の基礎知識 All Rights Reserved